« 革細工ワークショップ | Main | 北海道へ »

ハンチング他

Dsc_0027

ちょっと気に入ってしまったので色違いも製作。割と慣れてきて2時間弱で出来上がった。

Dsc_0020

床革で作ったエプロン、どうも右側が薄いので左に比べ破れやすくツギハギになっていたのだがツギの周囲でまた切れるという繰り返しなのでついにあきらめてキャンバスにて製作。やはり布が一番か。
ポケットは勿体ないので移植。

Dsc_0021

Dsc_0024

家にあった使っていないイヤマフ、もうすり切れていた部分もあったので外側を剥がして革とムートンで試作。全部曲線だしムートンに接着がなかなか出来ず縫製が上手く行かないのでかなり苦労。ちょっと無謀か。よれよれになりながら完成した。ちょっと変形のものだとやはり腕ミシンがないと相当無理があるかも。ただ、雰囲気は十分で結構あったかそう。

ミシンでの革細工、結構クセになるカモ。なんせ早く出来るのがいい。思いついたらすぐ形に出来る。昔革細工をやっていた頃は革用ミシンなんて雲の上の存在だったしタンニンなめしの革が身近だったので手縫いばかりだった。「タンニン+手縫い」に加えて「クローム+ミシン」、ちょっとレパートリーが広がった感じrock

|

« 革細工ワークショップ | Main | 北海道へ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33891/51062915

Listed below are links to weblogs that reference ハンチング他:

« 革細工ワークショップ | Main | 北海道へ »